新宿でバーチャルオフィスを探す方法

バーチャルオフィスというのは、オフィスを仮想的に持つということで、要するに住所だけ借りるということです。最近は個人事業主などが多いのですが、ビジネスの内容によっては住所を公開する必要があります。その際にネット上に自分の住所を書くというのは危険なので、避ける必要があります。そして代わりにバーチャルオフィスの住所を書くということになります。この住所に対して顧客や取引先が何かを郵送した場合には、自宅に転送してもらうということも可能です。また月額数千円で新宿などの一等地のバーチャルオフィスを借りることも可能なので非常にメリットがあります。借りる場所に関しては、自分が行くのに便利というようなことや、企業ブランディングを考えるということになります。

オフィスを仮想的に持つということ

仮想的にオフィスを持てば上述の通り住所を持てますが、それだけではありません。物理的にスペースを利用したり、設備を物理的に利用するということも可能ですし、他にもオプションを付けるということも可能です。物理的に使用するというのは、商談などでスペースを利用するというようなことで、ビジネスの形態によっては必要でしょう。ネットに徹するということであれば物理的なサービスというのは不要なのですが、オプションは使える場合があります。たとえば、電話が掛かってきた際に代理で対応してくれるということや、実際に顧客がオフィスを訪れた際に対応してくれるというようなサービスをオプションで付けることができます。これらのオプションというのは画一的なものではなく、業者によって異なります。

新宿にオフィスを借りるのに向いている人

新宿というのは全国的に見ても良い立地でしょう。そしてその立地に向いている人というのは、まず物理的にオフィスを利用するという人の場合は近くに住んでいる人でしょう。必ずしも物理的にオフィスを使用するという必要はないのですが、利用したいのであれば当然住んでいる場所に近い方が良いでしょう。他には企業ブランディングのために新宿という選択肢もあります。地方の企業が、ローカル感を払しょくして東京のイメージを持ってもらうために東京にオフィスを仮想的に借りるということもあります。バーチャルオフィスのデメリットとしては、ネットで住所を検索されるとばれる可能性があるということです。これがだめなわけではないのですが、持つイメージは人それぞれでしょう。他にも借りている人がいるという可能性もあります。

お問合せ・ご相談はこちら:03-3546-8801(10:00~17:00 土・日・祝日を除く)となっております。 効率よく確実に会社設立をする為に。当社はご利用のお客様に対して会社設立代行サービスを提供しております。 ホームページからのお申し込みも受け付けております。 当社のサービスについては様々なプランがございますのでHPにてご確認をお願い致します。 新宿でバーチャルオフィスをお探しの方はこちら!